[会期終了]企画展[宙(そら)のように、おおきな]

西淀川アートターミナルでは企画展「宙(そら)のように、おおきな」を開催します。見上げるほど大きな作品や今にも動き出しそうな立体作品、素材を活かした迫力のインスタレーションなど、アイデアにあふれた作品が大集合!!会期中、子どもたちも楽しめるワークショップも予定しています。だれでも気軽にアート体験ができるワクワクの空間へ、ぜひ遊びに来てください!

会期:2021年9月2日(木)- 9月6日(月)


休館日:会期中無休


開館時間:平日=13:00–19:00 /土日=10:00–19:00 (入場は閉館の15分前まで)


参加アーティスト:アトリエヤマダ /生西悦子/A.Flocon/川筋 朋代/友井隆之/滑川みざ/西村正徳/水垣 尚/村岡 亮/モリン児/山田龍太/Yuimomushi/横岑竜之


ワークショップ「巨大絵本を作ろう」
アトリエヤマダによる、カラダより大きなダンボールに自由に絵を描くワークショップです。汚れて良い服装でお越しください。

日時:9月4日(土)
14:00–14:25 / 14:30–14:55/ 15:00–15:25 / 15:30–15:55
参加無料|要予約
予約:アトリエヤマダ  info@yamaryu-art.comまで。タイトル:ワークショップ 予約  内容①氏名②電話番号③人数④希望時間帯を記載してお送りください。


出展アーティスト

アトリエヤマダ 
ワクワクをカタチに!をテーマに活動。全国各地の子どもたちと、楽しくノビノビと巨大絵本や大型ダンボール造形を制作するワークショップを展開。テレビや劇場の舞台美術制作のほか、子どもたちも楽しめるアートイベント企画も実施。アートストリーム2019 堂島リバーフォーラム賞・大阪共立賞。テレビ朝日ドラマ[刑事7人]、NHK[あさイチ]など作品出演。

アトリエヤマダ 「豊中ストリートピアノ(大自然)」2020年

生西悦子
1992年、大阪生まれ、宝塚育ち。兵庫教育大学芸術系コースで学び、2018年より同大学に勤務。「宝塚現代美術てん・てん2020」において初めて展覧会に出展。また兵庫教育大学ひょうごもんプロジェクト研究会として「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」に参加。観る人が“悦び”を感じられる作品づくりを目指している。

生西悦子「mignonne Ⅱ」(2021年)

A.Flocon
1973年広島県出身、兵庫県在住。2013年より画家である石澤薫美に師事。近大日本美術協会会員。第33回近大日本美術協会関西美術展大阪府知事賞(2018年)、第46回近代日本美術協会展奨励賞(2019年)等、入選・入賞多数。過去に西淀川区で開催された。「御幣島芸術祭2019」「Nishiyodo Field Work(AIR)」招待作家。

A.Flocon「勇志」2018年

川筋朋代
油絵画家。羊毛フェルト作家。想像の街並みを生活感豊かに、鮮やかな色彩で描いています。カリモク家具や金属加工のレーザーテックなどの企業ともコラボをし、新しい表現方法に積極的に取り組んでいます。2018年と2019年の御幣島芸術祭、京都京セラ美術館(旧京都市美術館)にて毎年行われる「K2展」、その他にも企画展・グループ展に多数出品。絵画教室 アトリエNUTS主催。

川筋朋代「KATARAI」(2019年)

友井隆之
1972年大阪生まれ。美術家。TOMOI R&D代表。2002年より美術活動を始める。金属を得意としその可能性を求めて現代美術だけでなく舞台や映画、古典芸能など多種多様なジャンルと関り、国内外を問わず広く美術活動をしている。合同展など多数出展・個展はこれまでに26回をかぞえる。近年では海外の展覧会やフェスティバルからの招聘も多く、主にその場所を活かしたインスタレーションやサイトスペシフィックな作品を得意とする。

滑川みざ
神戸に生まれ。1982年大阪大学人間科学部を卒業後、大阪市立美術研究所でデッサン を学ぶとともに銅版画を始める。1995年に渡米し2004年までニューヨークで作品の制作発表を行う。この間、作品はインスタレーションやアートプロジェクトへと移行。国内外で個展・グループ展多数。日本以外ではアメリカ・デンマーク・ドイツで作品を展示発表。

滑川みざ「島」2021年

水垣 尚
1971年兵庫県生まれ、蚊取り線香で絵を描いたり、空き缶をつぶしたり、ゴミ袋で作った鯉のぼりを持って走ったり、身の周りのものを使っていろいろやっています。最近は編み物を教えてもらい、ほどくことを作品にしています。ここ1年の展覧会では「作家の実験室」(galleryこころのまま、2021年)、「46th GOOD ART展」(京都市京セラ美術館、2021年)「岡本和喜と二人展」(スペース草、2021年)「野外二人展」(アートスペースかおる、2020年)「宝塚てんてん」(宝塚周辺、2020年)等。「個展」(此花ガラン2020年)に参加。

水垣 尚「ほどき」2021年

村岡 亮
「宇宙」をテーマに空想と現実の境界を想起させる作品を制作しています。2020年よりオープンアトリエハウス「せいかつとせいさくの家」主宰。https://www.instagram.com/murankey1974

村岡 亮「 TOWER OF DISCOPIA/VIMANA」2018年/2012年

モリン児
1962年大阪生まれ。宝塚在住。兵庫、大阪で作品を発表してます。宝塚美術協会会員。

モリン児「狛犬(阿吽)」2021年

西村正徳
1990年、大阪芸術大学金属工芸を卒業後、金属や陶による彫刻作品から始まり、野外彫刻を制作近年ではシート系の素材用い、自然のエネルギーとコラボさせることで、視覚効果を体験できるインスタレーション作品など、常に自然と向き合う緊張感を内包させ環境と呼応する、ランドスケープアートを多く手掛けている。

590西村正徳「Soft Sculpture=Rocking Roll Sunshine」2010年

山田龍太
1988年 大阪生まれ。近畿大学理工学部機械工学科卒。アトリエヤマダ 代表。豊中市ストリートピアノプロジェクト親善大使。鉄素材や磁石、ダンボール、MDFなどの素材を使用し、空間に絵を描く-をコンセプトに「宇宙ドミノ」など、遊び心あふれるおもちゃを開発中。アーツ千代田3331や東京豊洲などにて展覧会を実施。これはゲームなのか展2018・2019選出

山田龍太「宇宙ドミノ」2019年

Yuimomushi
1992年奈良生まれ、ハンモック作家。仮免練習中に迷い込んだ森でハンモックに出会い癒された経験からハンモックに魅了され、ことあるごとに物事をハンモックと絡めるような生活を送っているといつの間にかハンモック作家に。イラストや作品を通してハンモックの魅力を伝える活動をしています。御幣島芸術祭2018・2019参加。奈良芸術短期大学デザインコースイラストレーションクラス卒業。

Yuimomushi「たこやきハンモック」2020

                               

横岑竜之
1997年生まれ。大阪芸術大学卒業。2018年「なるみ岡村の過ぎるTV」出演。「アートストリーム2018」大阪文化芸術フェス実行委員会賞受賞。2020年「明石家さんま画廊」展示。「明石家さんま転職de天職全国放送」TV出演。「TAMAVIANT2020展(多摩美術大学)」展示。2021年風アートプランニング 企画展示。大阪ダンスクラブ「club daphnia」毎月展示。

横岑竜之「HappyMonster♥️」2020-2021年

主催=西淀川アートターミナル運営会議
共催=西淀川区地域振興会 企画=アトリエヤマダ 助成=大阪市助成事業/共同募金配分金助成事業
協力=大阪市高速電気軌道株式会社/ターナー色彩株式会社/豊中市魅力文化創造課/西淀川区社会福祉協議会/西淀川区役所/公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)