Vision

新しい形の芸術発信ターミナル
NISHIYODOGAWA ART TERMINAL
“はじまり と つながり”の場所に

制作もできる、鑑賞もできる、交流もできる
芸術体験をこの街に広げていく、仲間づくり..

芸術の、はじまりを、ここから作る

プロとして「芸術」を生業とする道を切り拓きたい
休日に家族で立ち寄り、気軽にアートを楽しみたい
地元企業・住民と一緒に、面白いをカタチにしたい
全て、NISHIYODOGAWA ART TERMINALで目指します

芸術を求める動機が、街の文化に繋がっていく

バスターミナル跡地を活用したアートスペースに、ようこそ

みんなで思う存分、芸術を楽しもう!


プロデューサー:山田龍太(アトリエヤマダ代表)

西淀川アートターミナルについて

大人から子どもまで楽しめるアート展示、ワークスペース、イベントを通して、地域の人々と芸術が繋がる場所にしていきます。バスターミナル跡地の待合室を利用したアートスペースNISHIYODOGAWA ART TERMINAL(NAT)毎月5日間だけ限定オープン。

山田龍太

プロデューサー/アーティスト

「ワクワクをカタチに」をテーマに、絵の具やダンボール素材を活用した巨大絵本づくりや、参加型のダンボールアート、ワークショップを全国各地で実施。 子どもたちと制作するワークショップ「巨大絵本をつくろう!」は、東京・大阪の都市部を中心とした商業施設・地域イベントで年間を通して開催する人気イベントに成長。 また、地域行政と連携した芸術祭の総合プロデュースのほか、地域の中学生・高校生と一緒に作る[ドラム缶で絵本をつくろう]イベント等、子どもたちがアート分野を将来の選択肢として目指し、楽しみながら芸術家を目指せる環境づくりにも力を入れている。アトリエヤマダ代表/株式会社ダンボる取締役・プロデューサー/関西まるまる劇場 美術長