その匙を緩める

会場:art house icone
   Himesato Guest House Icone 
   555-0025 大阪市西淀川区姫里2-3-13
   姫里ゲストハウスいこね
   GoogleMap
   ※本館(NAT)での展示ではございません。


会期:2022年3月18日[金]—21日[月・祝]


休館日:会期中無休


入場料:¥500(一度の支払いで入場で会期中何度でも出入り可能)


開館時間:11:00–19:00


アートハウスいこねは、第1回目の企画展として「その匙を緩める」を開催します。
 昨今、社会では、個の尊重の意志が強まり、誰もがアイデンティティによって差別されることなく幸せに生きることが、大きな価値観となりました。しかし、真に自分らしく、ありのまま生きるというのは、困難なことではないでしょうか。規範・慣習・報道等によって無意識のうちに心体にすりこまれた偏見や過剰な同調性は見えづらく、根深いものであり、私たちが普段から何気なく行っている選択や加減をこれらから切り離すことはできません。
 そのような中、本展では、独自の背景や手法をもって作品を作り続けているアーティストたちを紹介します。彼ら彼女らが生み出す新しさや違和感によって私たちの選択や加減の感覚を緩め、自分自身を再発見するための小さな試みです。
 古民家ゲストハウスという憩いの空間での展示は、芸術への親近感を深めたり、意味や物語への考察を広げてくれるでしょう。心体にすりこまれたものに囚われれず自由に受け取ったメッセージが、社会的圧力の中でも自分らしく、ありのまま生きるための小さな糧となればと思います。

[参加アーティスト]
トラン・ミン・ドゥック|Tran Minh Duc
村田のぞみ|Nozomi Murata
わんぱく中年とのまる|Wanpaku Chunen Tonomaru
きだはるな|Haruna Kida
伊藤竜太郎|Ryotaro Ito
リキタケタクヤ|Takuya Rikitake
ワコー|WACOH
オッコ|OKKO

出垣内 愛|Ai Degaito (前回展示から引き続き参加)

トラン・ミン・ドゥック《cities, cities and untitled naps》
村田のぞみ《まなうらの景色|Remains in the Mind’s Eye》
わんぱく中年とのまる《百式千手観音菩薩立像(extreme “ko saku” project 百hyakushiki式)》
きだはるな《布のなかのヒトビト》
伊藤竜太郎《反映》
リキタケタクヤ《highway》
ワコー《雪暗》

トラン・ミン・ドゥックの作品写真以外は全て参考図版です。実際の展示物とは異なります。

[関連イベント]
アーティストトーク
3月18日[金]19:30–20:30
出展アーティストによるトークイベント。
観覧無料OKKOインスタグラムで配信予定
アカウント名:@okko_osa 
— 
アートでととのうヨガ
詳細・予約フォーム:定員に達しましたので受付を終了しました。
3月21日[月・祝]10:30–11:00/19:00–19:30
講師:きだはるな
事前予約制(定員になり次第受付終了)
参加料:¥500(入場チケット別) 
展示スペースでヨガ体験。はじめての方も気軽にご参加いただけます。日々のお風呂に入るように、一緒に体のメンテナンスをしましょう。動きやすい格好でお越しください。
—  
1 HEIBEI
3月19日[土]—21日[月・祝]11:00–17:00
1平米のセレクトショップ。古本や小物を販売します。
セレクト:本の栞itodenwa出垣内 愛
— 
カフェ営業
3月18日[金]—20日[日]11:00–17:00(ランチあり)
3月21日[月・祝]13:00–17:00(ランチなし)
会場横カフェ「C3 Little Garden」が特別営業。
— 
Tシャツデザインワークショップ
詳細・予約フォーム:https://forms.gle/PcwUDNfmCY62p5C2A
3月21日[月・祝]14:00–16:00
事前予約制(定員になり次第受付終了)
参加料:¥3,500(シャツ・インク込)
シルクスクリーン印刷でオリジナルのシャツを作ります。

[お問い合わせ]
OKKO オッコ
555-0025大阪市西淀川区姫里2-3-13-2F
https://okko-jp.com

主催:OKKO
共催:公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)
助成:大阪市助成事業/共同募金分配金助成事業
展示協力:itodenwa/C3 Little Garden/出垣内愛/中谷設計事務所/西淀川アートターミナル運営会議/本の栞