CANVAS CHALLENGE 展   審査発表!

CANVAS CHALLENGE 展   審査発表!

◾️グランプリ: 副賞 NAT 企画展

     ずっとこのまま/イマナミナナミ

 

◾️審査員賞:副賞 NAT 企画グループ展

◯ 企業  (株式会社ダンボる 代表取締役 大久保博明) 賞

    覗く/ゆーな

◯田中おと吉(プロダクトデザイナー)  賞

    たからばこばこ/高橋ふたみ

◯中島政人(西淀川区長) 賞

   箱蟲(カプセル)/藤原正和

◯山口アキオ(アーティスト)  賞   

   冬眠/池田 澪

◯山田龍太(アートプロデューサー)   賞 

   ずっとこのまま/イマナミナナミ

◾️オーディエンス賞 : 副賞 NATオリジナルグッズ作成

    夜空の街/川筋朋代

◾️審査員賞 ノミネート作品

Yellow Box / Mayumi Sun

交錯 / Phil Satow

ブルー /HITOMI SETO

妄想小箱 /Yuimomushi

墓場にて/濱本綾乃

まてまて /濱田恵子

 


「CANVAS CHALLENGE」作品展示

http://miteart.blogspot.com/…/canvas-challenge11610.html

開催期間:2020.11.6(金)―10(火)※展示は終了しました。ご来場ありがとうございました。

場  所:西淀川アートターミナル

(555-0012 大阪市西淀川区御幣島2-4 1Fもと歌島橋バスターミナル)

「CANVAS CHALLENGE」は、モノづくり企業とアーティストの協力により、キャンバスの可能性を探る展示です。

今回は、「ダンボールで宇宙へ」をビジョンに掲げ、アート企画・商品・空間提案を行っている「株式会社ダンボる」より提供いただいた本のような形をした小箱に参加アーティストたちが多様な表現を施します。

また、本展は、作品展示と同時にコンペティションを兼ねており、審査員と来場者による審査を行います。

応募作品を純粋に楽しむと同時に、新しいプロジェクトやワクワクするコラボレーションが生まれる機会になればと思います。

今回のキャンバス

提供:株式会社ダンボる

材質:段ボール

サイズ:高さ17cm /幅13cm /奥行3cm(外寸)

表現テーマ:特になし(自由)

本のようなこの小箱は、本を多く取り扱う喫茶店からの「販売したコーヒー豆を入れるお客様が少しワクワクするような箱を作って欲しい」というオーダーによって生まれたものでした。

本来のキャンバスにはない、なだらかな曲面や中面など加工が難しい箇所も存在する中、どのような創意工夫が凝らされるかは注目の一つです。

◇審査員

大久保博明 株式会社ダンボる 代表取締役

田中おと吉 プロダクトデザイナー

中島政人 西淀川区長

山口アキオ アーティスト

山田龍太 アートプロデューサー

 

主催:みてアート実行委員会

共催:西淀川区地域振興会

企画:アトリエヤマダ

助成:大阪市助成事業/共同募金配分金助成事業

協賛:株式会社ダンボる

協力:大阪市高速電気軌道株式会社/西淀川社会福祉協議会/西淀川区役所/公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)